カテゴリー「TD」の10件の記事

雑誌掲載

本日発売の新建築住宅特集2013年3月号に、ウチの近作「天台の家」が掲載されています。
施主さんのご要望をもとに、光の扱い方をテーマに設計した住宅です。ご覧頂けると幸いです。

130219

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オープンハウスをしました

ホームページでお知らせしていた舞鶴のオープンハウス。
近隣の方々にもたくさんお越し頂きました。特に遠路遥々阪神方面からお越し頂いた方々には感謝いたします。この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。

111002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竣工写真撮影

舞鶴の現場が完了し、竣工写真の撮影。
光がテーマの住宅だけに色々な光の状態で撮ってもらう。

110929

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現場

舞鶴の現場。台風が近づく暴風雨の中行って来た。
毎週の定例会議もようやく打合せする内容がなくなりつつあり、完成に近づいていることを実感する。あとは大きな所では家具と外構かな。。

110902

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現場

舞鶴の現場。
順調に内装工事。フローリングも7割方貼れた。と、ここで変更した方が良さそうなとこが出て来た。
考え抜いて描いて、検討を重ねてまた描いて、これで間違いないと確信してまた描く。そして現場で実物を見てその確信を疑ってみる。それが真剣勝負というもの。

110805

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現場

この日は断熱工事。セルロースファイバーという古新聞からつくられたエコ素材である。これをブローイングと呼ばれる工法で壁内に充填していく。
充填された壁を触ってみると思った以上にパンパンである。いかにも断熱という感じ。

断熱材そのものの性能的にはグラスウールと大差はないようだが、ほとんど隙間なく充填出来るということを考慮すればそれ以上の効果を期待しても良かろう。

もう一点。
小さな階段をエキスパンドメタルで作ってみようと思い、そのサンプルが出来てきた。
実際に乗ってみて体感的な強度を検討する。
んー、イマイチかなぁ。屋内階段なので裸足で歩くことを想定すると足触りに疑問もなくはない。見た目はすこぶる良い。ただ機能がついて来てないって感じだな。
何とかならんかな。。


110713_2

1107132_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現場

舞鶴の現場。
おおよその壁も出来、輪郭がハッキリしてきた。ここまでくると光の入り方や空間のヴォリュームなどがリアルに見えて来る。屋根の防水工事もこの日から始まり、板金などの雨仕舞の工程にかかっている。
設計時にイメージしてたものが確かなものかどうか、 現場に身を置いて再度見直す。

110628

| | コメント (0) | トラックバック (0)

配筋検査

舞鶴の現場。基礎の配筋検査にS3Aassociatesの橋本さんと赴く。
天端かぶり厚の是正など細かな手直しはあったものの大きな問題はなくクリア。
その後工務店さんの事務所に移動して定例会議。
ここの工務店では自社で大工さんを抱えて構造材の加工(刻みという)をしている。プレカット加工がほとんどの昨今、とても新鮮であった。

個人的には手刻みによる加工が好きなのだが、何もローテク信仰というわけではない。多分に気分的なもの。ただ、なんとなく機械よりもベテランの大工さんによる加工の方が暖かみが加味されるような気がするだけ。それが何だか嬉しいのです。

110523

1105231

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地鎮祭

舞鶴での現場が始まる。
地鎮祭はいつも気が引き締まる。これまで図面上で考えていたことがリアルなモノとして建ち上がるスタートだ。建築の責任を改めて感じる瞬間。

110427

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい計画

舞鶴市で計画中の住宅。
小さいような、それでいて結構屋根面積は大きい。ひとつのスペースをどのように区切っていくか、それも具体的にではなく抽象性を残したままに。
そんなことを考えながら、ワンルームとしての居住空間の可能性を探る。

100708

1007082

| | コメント (0) | トラックバック (0)