カテゴリー「MGY」の31件の記事

グリーンカーテン

2年前に竣工した住宅の施主さんから夏の陽射し対策にグリーンカーテンを設けたいとの問い合わせを数週間前に頂いたのだが、今日はその実行日。
一緒にホームセンターへ行き、緑化用のネットと固定金具を購入。次いでなにを植えるかを一緒に悩んで苗を購入。
ネットは軒先から垂らすように付けて固定は屋根の立てハゼ部にミニクランプで固定。
グリーンが育つと高さ6mほどのグリーンカーテンとなる予定。うまく育つことを願うばかり。
まぁこの辺は緑も深いので発育環境は良さそうだ。

20140503

201405032

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌掲載

ウチの近作「KRAMPON」が韓国の住宅専門誌「Green Friendly House」の2014年3月号に掲載されています。
韓国内の住宅文化史という出版社が出版している月刊誌で国内販売のみの雑誌ですが、もし手にすることがあればご覧下さい。

Gfh1403

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌掲載のお知らせ

現在発売中の住宅特集2013年10月号にの「エッセイ:住宅を読む視線」で「KRAMPON」(6月号掲載)の訪問記が掲載されています。阿曽芙実さんによる批評「棲むためのディテール」です。
インタビューではちょうど最近住宅設計について考えていることについてもお話ししました。
その内容の全てを理解してもらえたかどうかわかりませんが、阿曽さんの批評から読みとって頂ければ幸いです。

Jt1310_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌掲載のお知らせ

昨年竣工した近作※「KRAMPON」が新建築住宅特集の6月号に掲載されました。
硬い岩盤質の急斜面に住まいをつくることをテーマにした住宅です。斜面にひっかけるように基礎をつくってその上に居住空間を載せています。
ぜひご覧下さいますよう、よろしくお願いいたします。

Jt1306

※KRAMPON:登山用靴のCramponと平面形状のKによる造語。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1年点検

1年を経て土肌を見せていた斜面もうっすらと緑に覆われ、植えた樹々も新芽をつけて生き生きとした表情を見せている。
建物もとても大切に使って頂いているようで大変嬉しい気持ちにさせて頂いた。
住み始めて見えてくる小さな不具合はいくつかある。当然それらを修繕していくのだが、住まい手はそれらとうまく付き合っていく術さえ習得されているようだった。

130322

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌の撮影

とある雑誌の撮影。不安定な梅雨時期だったので天候に不安が残ったままでの日程調整をしたのだが、幸いにも迷いのないくらいの快晴に恵まれた。朝から夕景までの長丁場だったが施主さんのご協力もあってスムーズに撮影することが出来た。ありがとうございました!

120716

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DIY2

今日はDIYでも最近竣工した住宅のためのスロープ作り。
20cmほどの段差が2ヵ所あるのだがその部分に取付けるスロープを。とはいってもこのスロープ、人用ではない。飼っているペットのリクガメ用のもの。
常設というわけではないので持ち運びも考慮して外皮は4mmのシナベニヤ、内部は段ボールのハニカムによって軽量化を図った。
もちろん僕だけではなく、施主さんと共に共同作業。DIYが苦手と仰る施主さんからのご提案で一緒に作ったのだがなかなか楽しいひと時であった。
リクガメもご機嫌で上り下りしてくれているようで何より。

120715

1207152

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外観撮影

植栽待ちとなっていた外観の竣工写真撮影。
10年、20年を経てもっともっと緑が増えてその内樹々の合間から建物が見え隠れするようになればある種の完成形とも言えるかも知れない。

120417

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食事会

3月に竣工した住宅。お施主さんのご好意で工事関係者の方々と共にお呼ばれしてきた。
工事中のエピソードや苦労話も終わってしまえば楽しい思い出。
そしてこれからが本当のお付き合い。今後とも宜しくお願い致します。

120407

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソファ完成

西宮の住宅のためにデザインしたオリジナルソファが完成し、搬入された。
当初のデザインにはなかったウエストピローも加わり、いい感じ。デザインも肘掛けから背もたれにかけての微妙な造形をよく再現してくれたと思う。
もちろん座り心地も申し分ない。
サイズは身長のあるご主人と小柄な奥様が使いやすいように、奥行、座面の角度に細心の注意を払った。
本体が仕上がった時点でクライアントに実際に座って頂くということも実現出来たため、良い結果が出たと思う。

1203102

1203103

120310

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧